明日の保健医療スペシャリストを育てる学校法人 京都保健衛生専門学校

在校生の方へ

学校からのお知らせ

エコへの取り組み

最近、異常気象のニュースをよく耳にします。2015年12月12日に、パリ協定(気候変動)が締結されました。気候変動抑制に関する多国間の国際的な協定で、2020年以降の地球温暖化対策を定めています。人類共通の目標に向かって「それぞれができることを、それぞれのペースですすめていくこと」を求められています。

本校でも平成19年度から「エコ運動に取り組む」を目標に事業活動をおこなっています。 皆さん一人ひとりが「地球温暖化対策」について考える機会を持ち、行動できることを出し合いたいと思います。 一人ひとりの努力抜きには改善は望めません。小さな努力の積み重ねがとても大切です。

2019年度生 エコへの意識調査

項目 看三1年(39) 一臨1年(39) 二臨1年(22) 工学(19) 合計(119)
消灯 39 39 21 19 118 99.2
冷暖房を消す 31 20 18 16 85 71.4
冷暖房の設定温度 22 18 10 11 61 51.3
無駄紙を使わない 28 20 14 18 80 67.2
エレベーターを使用しない 25 20 10 17 72 60.5
ゴミを減らす 29 28 14 12 83 69.7
(ア)弁当持参 16 16 4 3 39 32.8
(イ)箸持参 13 11 5 1 30 25.2
(ウ)お茶持参 14 14 7 5 40 33.6
かさ袋1日1枚 25 17 16 9 67 56.3
トイレ使用中水を流さない 19 16 12 7 54 45.4
トイレットペーパー節約 20 20 13 8 61 51.3
最終退出時電源コンセントを抜く 21 16 12 8 57 47.9
水をだしっぱなしにしない 34 38 21 17 110 92.4
※表がすべて表示されない場合は横にスクロールしてください。

その他

  • シャワー時間の短縮
  • エコバッグの持参 5
  • リサイクルマークのあるものを買い、指定の分別をする
  • レジ袋をもらわない 2
  • 不要なものを買わない。使わなくなったら必要としている人に譲ったりする

ゴミの分別の取り組み

平成27年10月から事業所から出るごみの分別ルールがかわり、
平成28年4月からはリサイクル可能なすべての紙類の分別が義務化されるようになりました。
新入生に「あなたがゴミの分別をしていますか?」と問いました。

  • しています 95人(79.8%)
  • していない 9人(11.8%)
  • どちらでもない 14人(11.8%)
  • 今後していこうと思う 19人(82.6%)
  • いいえ 4人(17.4%)

という結果になりました。
ごみの分別は必要なことです。学校で出されたごみもプラスチックごみの中に紙ごみが混じっていると回収してもらえません。
人の手で紙ごみを分別しています。
皆さん一人一人が意識をもって分別しましょう。