明日の保健医療スペシャリストを育てる学校法人 京都保健衛生専門学校

資格・就職・進学

あなたの未来は?

看護師の仕事紹介

看護師は患者様の診察や治療を行う際に医師の補助をしたり、患者様が安楽を守ります。 また患者様が病気やけがによって難しくなった日常生活の援助を行い、生活を支えます。

血圧や脈拍、体温などの測定をし、患者様の症状を正確に把握することも大切な仕事です。 注射や点滴、採血などの治療の補助、食事やお風呂、ベッドメーキングなどの身の回りのお世話を行います。 また、患者様だけでなく、その家族への対応も行います。

高度化する医療体制の中で、患者様の健康管理や療養生活の相談にのったり、心のケアを行ったりと、患者様が早く回復できるように医療チームの中で重要な役割を果たしています。 患者様やご家族と接する時間が最も長いので、患者様やご家族の声をしっかり聴き、変化にいち早く気づくことができるのは看護師であり、命を預かる責任の重い仕事です。

今、働く場は地域にも広がり、病院・診療所のほか介護保険施設、障害者福祉施設、訪問看護ステーションなどがあります。

看護師になるためには、専門的な知識や技術を学び、国家資格を取得する必要があります。 さらに、高度な知識や技術が求められる認定看護師や専門看護師、保健師、助産師へのキャリアアップもめざせます。

病院での看護師の1日

  • 8:30

    昨日から今朝までの患者様の様子を夜勤の看護師から引き継ぎます。

    写真
  • 9:00

    過ごしやすい環境を整え、患者様の状態を観察します。

  • 10:00
    写真

    点滴や検査の実施やお風呂などの援助を行います。

  • 11:30~12:30

    交代で休憩します。 勤務している看護師は、お食事の援助をします。

  • 12:30

    食後のお薬を飲む援助をします。

    写真
  • 14:00

    写真入院患者様の状態やケアついて話し合います。 看護師だけでなく、ほかの職などと医療チームで話し合うこともあります。お昼からの患者様の状態を観察し、患者様に合わせて必要な援助を行います。

  • 15:00

    患者様や援助について看護記録にまとめ、看護計画を見直します。

  • 16:00

    夜勤の看護師へ患者様の状態と援助について引き継ぎます。

  • 16:30

    勤務終了

    写真