明日の保健医療スペシャリストを育てる学校法人 京都保健衛生専門学校

京保ブログ

学校からのお知らせ、行事の案内を発信します。

入試 平成28年度(2016年)のオープンスクール風景

2016年8月5日

看護学科三年課程

  • img_k01
    全体説明
  • P1060371
    ベッドメーキングを体験しよう
  • P1060373
    心音を聞いてみよう
  • P1060111
    血圧の測り方を練習します
  • P1060106
    採血実習
    模型の腕でも緊張します
  • P1060349
    体についての説明
  • pht_calendar_07openschool
    沐浴
    赤ちゃんてやわらかい
  • P1060382
    看護の勉強って!!
  • P1060117
    在校生との交流会

臨床検査学科

臨床検査学科では、一般社団法人 京都府臨床検査技師会のご協力により病院見学を実施しています。
“現場を知る。臨床検査技師の仕事を知る。”です。
午後から体験実習を行います。

  • img_rk09
    説明は本校卒業生
  • img_rk10_b
  • P1100570
    血液型の検査をしてみよう
  • P1100579
    血液型の検査をしてみよう
  • P1100553
    標本展示
  • P1100552
    顕微鏡の世界へ
  • pht_calendar_05openschool
    腹部超音波検査
  • P1100600
    肺活量の測定

臨床工学技士専攻科

  • img_r21_b
    まずは先生から講義
  • P1040765
  • P1040746
  • P1040752
  • P1040757
  • P1030887
  • img_r20_b
    在校生との交流

保健室 市民公開講座「ロコモ いつでも どこでも 京ろこステップ」

2016年6月30日

まちの保健室委員長 泉田洋志

6月25日(土曜日)にまちの保健室行事として京都市健康増進センターヘルスピア21から健康運動指導士の方に来ていただきロコモ体操をしました。
参加者17名で楽しいお話を聞き、そして実技体操をしました。

ヘルスピア21では、健康上の問題で日常生活が制限されることなく自立した生活ができる「健康寿命」を延ばすことにより、個人の生活の質(QOL)を向上させることを目標にしておられます。自ら身体を動かすことによって、健康寿命を平均寿命に近づけましょうという事です。

ロコモティブシンドローム(ロコモ)とは、「運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態」のことを言います。このロコモを予防することは介護予防にも繋がります。ロコモになる原因には、日常生活の活動量の低下や運動不足などがあります。当日、イスを使って無理のない状態でバランス運動や筋肉トレーニングを行いました。

最後にアンケート調査を行ったところ、「定期的にしてほしい」というお声もいただきました。
まちの保健室では次の企画に向けて取り組んでいきたいと思います。

20160630_healthcare

体育祭 第38回 体育祭写真集

2016年6月14日

スローガン:燃えろ京保!We are perfect humans!!


  • 体育祭委員長 開会宣言
    高橋ひより(看護学科三年課程)

  • 選手宣誓
    平田聖弥(第一臨床検査学科)

競技開始

表彰式