明日の保健医療スペシャリストを育てる学校法人 京都保健衛生専門学校

京保ブログ

学校からのお知らせ、行事の案内を発信します。

保健室 市民公開講座「ロコモ いつでも どこでも 京ろこステップ」

2017年7月12日

まちの保健室委員長 上野佳穂

7月8日(土曜日)にまちの保健室行事として昨年に引き続き京都市健康増進センターヘルスピア21から健康運動指導士の方に来ていただきロコモ体操をしました。
参加者17名で楽しいお話を聞き、そして実技体操をしました。

ヘルスピア21では、健康上の問題で日常生活が制限されることなく自立した生活ができる「健康寿命」を延ばすことにより、個人の生活の質(QOL)を向上させることを目標にしておられます。自ら身体を動かすことによって、健康寿命を平均寿命に近づけましょうという事です。

ロコモティブシンドローム(ロコモ)とは、「運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態」のことを言います。このロコモを予防することは介護予防にも繋がります。ロコモになる原因には、日常生活の活動量の低下や運動不足などがあります。当日、イスを使って無理のない状態でバランス運動や筋肉トレーニングを行いました。

healthcare